認知症見立て塾

/ 2019.06.05 shibata

上野秀樹 認知症の人を在宅で支えるために

 

認知症ではメッセージを読み取るケア、生きがいを満たすケアが重要

 

以下が動画の内容リストです

・認知症とは正常なレベルまで発達した知能が低下し、社会生活に支障をきたす状態

・私たちのケアは悪意はないが、自然と認知症の人が疎外感を感じるような体験をさせている

・医療機関側から出向いていくサービスがあると本来生活すべき場所での生活を支えることができる

・認知症の周辺症状を問題行動と捉えるのではなく、  認知症本人が今受けているサービスへの不満の意思表示と受け止める

タグ:

上野秀樹 / 認知症 /
自立矯正支援AIの研究開発と社会実装

※本サイトはNEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)との委託事業の一環として、認知症に関する情報をお届けしています。