地域・社会づくり

/ 2019.06.05 shibata

田中とも江 身体拘束廃止・虐待防止と五つの基本的ケア1(1/3)

 

身体拘束とは?人として暮らすためのケアを考える。

以下が動画の内容リストです。 

【身体拘束の実態】   

・認知症による不安や混乱が、身体拘束につながるなら、人としての価値を無視していることになる。   

・身体拘束を受ける人は体力がある人。   

・4大拘束(ベッド4本柵、ミトン手袋、車椅子ベルト、フロア施錠)などを行って 人が本来もっている「立つ」能力や動く能力が奪われている(抑制されている)。

 

【尊厳のあるケア】   

・言葉の虐待や身体的虐待を受けると、食事ができなくなる。   

・その人らしく暮らせるようにするためには、言葉だけではなく、食事、排泄、活動などを通して良い関係性を築いていくことが大事。

タグ:

田中とも江 / 認知症 / ケア /
自立矯正支援AIの研究開発と社会実装

※本サイトはNEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)との委託事業の一環として、認知症に関する情報をお届けしています。