認知症見立て塾

/ 2019.06.05 shibata

上野秀樹 生きがいのある生活

認知症を予防するという考え方を変えて、認知症になっても生きがいのある社会を創りましょう。

認知症を予防することは難しいため、私たちは考え方を変える必要がある。
なぜ予防したいと考えるのかと言うと、例えば認知症になったら、
「何もできなくなって何も分からなくなる」、
「もう生きている価値はない」、
「身の回りのことができなくなって、家族の負担になってしまう」。
しかし私たちは考え方を変えて、適切なケアが適切なタイミングで提供され、
認知症になっても生きがいがあるような社会をつくることを目指すべきである。

 

自立矯正支援AIの研究開発と社会実装

※本サイトはNEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)との委託事業の一環として、認知症に関する情報をお届けしています。